こんな場所があるってしってた!?天空の鏡が映し出す奇跡の絶景

死ぬまでには見てみたい絶景スポットの定番になっているウユニ塩湖をご紹介します。

■概要
南米のボリビア中央西部のアルティプラーノにある塩の大地。
南北約100km、東西約250km、面積約10,582km²という巨大な大きさです。

・どれくらい広いの?
ウユニ塩湖はボリビア中央西部にある塩の大地で、広さは秋田県と同じくらい、標高は3700mの高さにあります。
見渡す限りの広大な白銀の大地雨季には地面が鏡のようになり、空の色が反響して上下対照の不思議な光景を生み出す

■CMでも使われています。

「天空の鏡」は2009年にテレビ番組で取り上げられたのをきっかけに、CMや音楽CDのジャケットにもたびたび登場

12月後半~4月ごろの雨季になると、表面に数cmから50cmの水が溜まり、太陽の光に反響して鏡のような美しい姿をみせ、その壮大で神秘的な風景は「天空の鏡」と比喩され、旅行者に驚きと感動を与えています。

何もなければ、どこが空との境界線かわからなくなってしまうほどの、まさに鏡!

たとえるならば、天国なのかなって素直に思ってしまうほど、他にたとえようがないほど、美しい絶景です。

■塩のピラミッド

これだけ塩があるので、もちろん塩の採掘がおこなわれます。こんな塩の山をつくって収穫~!ウユニ塩湖の塩はプレ・インカの時代から取り引きされていました。最近は日本でも販売されています。

■夜になるとこんな絶景も見れる

月の見えない新月で天候に恵まれれば、夜は星空が湖面に映る絶景にも出会える可能性があります。また、標高約3,600mに位置するウユニ塩湖は天然プラネタリウム。遮るもののない360度パノラマの夜空はまるで宇宙の中に迷い込んだような錯覚におちいります。

■夕焼けや日没だって見逃せない絶景

一面白い塩の台地が、赤みを帯びてとても幻想的!!

こんな素敵な写真も♡

■実は、一面真っ白な景色が人気の定番!

日本人には雨季が人気ですが、欧米人などには、乾季のこの真っ白な景色が人気です。また、一般的な観光シーズンは6月~10月で、見渡す限りひび割れた塩の模様が広がる乾いた真っ白な大地を楽しみます。

干上がって塩が露出している部分は純白。どういうわけか塩は格子状の模様を描き、タイルを敷き詰めたような奇観が彼方まで続く。

■やっぱりウユニに来たらオモシロ写真を撮るのが定番

ここへ来たら、欠かせないお遊びがこれ!一面真っ白なので、遠近法を使った様々なトリック写真を撮ることが出来ちゃいます!

■近くには塩でできたホテルがあります
~HOTEL LUNA SALADA~
塩で出来ているので、水に弱くメンテナンスが大変なようです。このホテル以外にも塩で出来たホテルがいくつかあります。

塩のホテルです。壁はもちろん、テーブルやイスなども塩でできています。

本当に「死ぬまでには見てみたい絶景スポット」だと感じました。最後に素敵な「ウユニ塩湖」の動画をもう一つ♪

デイリーアクセスランキング

Sorry. No data so far.

トータルアクセスランキング

ページトップへ

Share!!